「伝えたい想い」
危機一髪!茨城市磯原
また再建しましょう!
迫る津波に記者はどう対応した?
LA在住20才からの応援メッセージ
岩手・釜石 大津波の猛威/子供たちの悲鳴
宮城県亘理町荒浜小学校裏堤防破壊
パリで日本震災チャリティーイベント
全国の子どもたちからランドセル寄付
東京都スーパー店内の様子
千葉県北西部自宅の様子(3月11日)
Rise Again, Japan! 日本語字幕付き
自宅に帰れず新宿駅で一夜を明かす人々 / 野外で寝る人も
東日本大震災時の瞬間 NHK生中継 3月11日14時46分
東京ディズニーシーが中止になる瞬間
3月11日15時20分の新宿アルタ前
台湾から日本へ「加油!」
こうして避難した
津波の恐怖は人間だけのものではありません。
地震発生直後の仙台駅前(14時59分)
応援 "ヒノマルパワー 君の力"
商業施設に津波(視聴者撮影)
青森県おいらせ町、津波の様子
3月11日、渋谷のヤマダ電機
福島県南相馬市長からの全世界への支援要請メッセージ
海外から支援の言葉
福島県いわき市「くるぞ!津波」1~4
迫りくる津波、犬を連れて脱出!
流される車(宮城県ジャスコ多賀城店屋上より撮影)
迫りくる津波から助けあげる
天皇陛下から東日本大震災被災者へのビデオメッセージ
仙台市青葉区内の自宅にて撮影(地震発生時)
南三陸町志津川高校から見た津波の様子
なぜ募金活動をするのか?(インタビュー)
海外の評価&反応 NYでのインタビュー&etc
「なぜ地震の時、冷静に行動できるんですか?」(インタビュー)
応援メッセージ 他
迫る津波、逃げる人々。宮城県南三陸町
福島第一原発爆発の瞬間
G20声明、日本に対し"支援と連帯"
台湾のTV各局がチャリティー番組(ビビアンスー他)
大地震の中命がけでFPSをやる男
母親の遺体を発見した少年に取材
被災地に向けホテルオークラが「ファイト」点灯
地震発生時、地下鉄から地上へ
3月11日、テレビを見ている様子
茨城県ひたちなか市の津波
そして大津波(岩手県大船渡市)

愚痴が多い人

愚痴や、悪口、嫉妬、意地悪心、などが

強い人、
口に出す人
行動に出す人

と、接するときには、注意が必要。


あなたが、前向きな心で、相手の心を、徐々にでも変えていけたり、
スルーできる状態であれば、近くにいてもいい。

ただし、あなた自身が、相手に徐々に影響を受ける場合
(ほとんどの人がそう。
 楽しい人と、イライラしている人が、同レベルで、接したとき、
 圧倒的に、どちらとも、イライラすることになる)

そういう状態の場合は、相手から、離れた方がいいかも知れない。

なぜなら、
「朱に染まれば紅くなる」

今度は、あなたが、自分は当然、まわりを巻き込んで、
マイナスへと流れてしまう。


自分が前向きな心、おおらかな気持ちを、保てなくなった場合は、
「朱」の人からは、離れて、
前向きな心、態度、の人に、近づく
(迷惑をかけないように、前向きになろう!と自分に言い聞かせながら、、)

そういった人がまわりにいない。。。
という状況の人は、かなりありうるだろう。

そういった時は、前向きにさせてくれるCDだったり、ビデオ、
あまり怪しくない自己啓発系に、ふれるべき時だろう。
(そのために、自己啓発系の本はあるんじゃないかと思う・・)

質のいいお笑いの番組をみるとかでもいいかも知れない。

あとは、声を出したり、身体を動かしたり、
前向きな声をはりあげたり、
趣味に没頭したりもいいかも知れない。

環境がどうのこうのと、書いたけど、、
自分の心を、なんとなく前向きに保つというのが大事。


まじめな人ほど、耐えて耐えて耐えて、耐えられなくて、つぶれてしまう人が多い。

だから、あまり耐え続けずに、力を抜く、プレッシャーから、自分を解放させてあげるのも、必要のようだ。




こうなんだろうなぁと、気づくまで、相当時間がかかった。

「友達は選んだ方がいいよ」っていう、中学時代の友達からの助言、、、
まったく意味がわからなかったもんなぁ。

いじめッ子とも、長くつきあって、最終的には、親友に近い存在になったこともあるからこそだと思う。

だけど、失うものも、あった。


ケースバイケースだろうけど、
より前向きに生きていきたいと思う、まじめな人ならば、

「耐える」「自分が変わる」という選択肢に
(これは、たぶん持ってる)

「環境を変える」という選択肢を加えた方がいい。
(上記の例では、距離を置くという事)

間違っても、まわりの人を変えるという訳ではない。
人を変えるというのは、十二分に、難しいことを、覚悟しておいた方がいい。


まわりが言って、その人が変わるってことは、まずありえないと思っておいた方がいい。
自分が変わりたい!と思ってさえ、変われない人が、大大大多数なのだから。



基本的な考え方のヒントを、書いてみました。


まじめな人ほど、要注意なことだと思います。


一時的な撤退は、負けではありません。

また、抽象的なので、もちろん、ケースバイケース。

あなたが、できる範囲で、少しでも選択肢を増やしておくと、よさげってことです。


目標は、「特定の他人がいないと成り立たない事」を立てないっていうのは、大事ですね。

他人に依存した目標だと、(特に特定の人に依存した目標だと)
自分の目標のつもりが、ほとんど他人の目標になってるって話になる場合がある。

その事に、気づけばまだ救いがあるけど、
気づかずに、イライラしている状態の人が、どれほど多いか・・。


「他人に依存した状態」で、「何かを望む」ことは、結局、自分をイライラさせる。
そして、他人もイライラさせる。



与えられたキツイ目標ほど、キツイ目標はないですよね?
会社勤めしていれば、わかるはず。

いや~、キツかった・・・。そして、入社半年で辞めるって言い出してたなぁ(笑

その中で、なんとか、自分の目標と、リンクさせて、心を保った感じですね。
(これは、対象と、距離を離さずに、自分を変えたという事)

で、4年間働いた後、辞めた。
(これは、対象と、距離を置いたという事)



上記の考え方を、使うためには、、、
「距離感」というキーワードでしょうか・・・。




会社を辞めて、なんとなく作った標語?

自律した人同士が、協力するから、強力なチームになる。




自戒です。




Posted by がんばろう!日本。 at 2008年07月31日 18:24│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
愚痴が多い人
    コメント(0)